iDoceo と Moodle の統合

iDoceo で Moodle を使用するには、Moodle アカウントをリンクする必要があります。

あなたはからそれを行うことができます 設定 > クラウド リンクス > ムードル > 考えられる 3 つのアカウントのいずれかを選択して続行します。
クラウド リンクス
MSチーム

Moodle クラスを iDoceo に追加またはリンクする

Moodle から iDoceo にクラスを追加するには、クラスのリスト > 青いプラス ボタン > インポート元 > Moodleからインポート

クラスを選択すると、すべての生徒が含まれるクラスが iDoceo の新しいクラスとしてインポートされます。 Moodleと連携済みですので、すぐに作業を開始できます。
画像
画像
iDoceo の既存のクラスを Moodle のクラスにリンクする場合は、XNUMX つのドット > 編集 > リンク > アクティベート Moodle > リンクしたい Moodle のクラスを選択します。

同じことを行う他の方法は、Gradebook ビューのクラス内からです。
ツール > クラス > リンク > Moodle
オプション (生徒の追加とグループ モードの上部にある XNUMX つのドット) > ムードルへのリンク

読書欄 - 課題と成績の追加

あなたをタップする プラスボタン ​​(列を追加) > Moodle > 追加する割り当てを選択します。 Moodle オプションは、クラスが Moodle にリンクされている場合にのみ使用できます。

課題が新しい列としてダウンロードされ、Moodle に既に導入されている成績がある場合は、それらもダウンロードされます。

この列の成績タイプは次のようになります。 Moodleのものと同じもの. 課題が Moodle で 100 点を超える場合、iDoceo 列では 100 点を超える数値成績になります。
マイクロソフトのチーム
これらのグレードを変更した場合 ムードルで、iDoceo の結果を更新するためにそれらを再度ダウンロードしたいと考えています。 ヘッドをタップr > 選択 ムードル アイコン > ムードルから読んでください。
マイクロソフトのチーム

列の送信 - iDoceo からの課題の作成、または iDoceo から Moodle への成績の更新

iDoceo の既存の列から Moodle で新しい課題を作成できます。 そのためには 輸出 > Moodle > 列を選択します

新しい割り当てには、 列の名前 および 成績 そこで生徒ごとに紹介します。

iDoceo では、数値、テキスト、コンバージョン グレード、アイコンなど、どのグレード タイプでも作業できます。 iDoceo は、Moodle で双方向にデータを転送するときに、必要な数値グレードへの変換を自動的に行います。
輸出
iDoceo 列から成績を送信する場合は、 すでにリンクされている Moodleの課題に。 ただ ヘッダーをタップ >をタップします ムードル アイコン >  ムードルに送る.

これらは、 グレードを交換する 学生ごとのこの課題のために iDoceo で導入した成績で Moodle を使用している、または 等級を追加する 以前にMoodleに成績がなかった場合。
Microsoft Teams への書き込み
最後に、Moodle の課題にリンクされていない iDoceo の既存の列を、iDoceo のどの列にもリンクされていない Moodle の既存の課題にリンクすることができます。

この場合だけ ヘッダーをタップ > その他 > Moodle > 割り当てとのリンク > この列にリンクしたい Moodle の課題を選択します。
割り当てとのリンク
列を割り当てにリンクしたら、再度行う必要はありません。必要に応じて書き込みオプションと読み取りオプションを使用するだけです。 万が一、このコラムを 別の割り当て Moodleで、オプションを選択します 課題のリンクを解除. その後、通常の手順に従って、既存の列を既存の割り当てにリンクします。