実際の微積分の例: ペナルティ列を追加する

この例では、ペナルティ (またはボーナス) 列を平均結果に追加する方法を示します。

この画像の情報から始めます。平均列を取得する方法がわからない場合は、この手順を確認してください。 (茶事の話はこちらをチェック).

これらのすべての列には、デフォルトの成績タイプ セット (汎用数値成績タイプ) があります。これは、この例では 0 から 10 までのすべての値が同じ意味を持つためです。成績が 0 から 100 または 0 から 20、またはその他の組み合わせの場合同じ命令が適用されます。

新しい列を追加し、それを「赤みがかった」色のペナルティと呼びます。

次に、平均列の計算を編集して、新しいペナルティ列を考慮に入れるようにします。次のように構成する必要があります。

iDoceo がすべての列の重みを自動的に変更しないようにするには、次のことを行う必要があります。 各列の重みを編集する 必要な値で。

そして、それは完了です! いくつかのペナルティ (またはボーナスのプラス) グレードを追加して、この例でどのように見えるかを確認します。