ファイルとリンク (リソース) の追加

iDoceo は、すべてのドキュメントとファイルを XNUMX つのアプリで管理し、それらを特定の生徒、クラス、日付、メモ、またはセルにリンクするのに役立ちます。

リソースを追加するにはどうすればよいですか?

通常、 ペーパークリップ すべてのオプションを画面に表示するボタン

リソースはどこに追加できますか?

  • 成績表で セル、注釈 (セル、注釈をタップ&ホールド)。 詳細 (茶事の話はこちらをチェック)
  • 成績表欄に ヘッダ 注釈として。
  • 学生のリソースビューで。 生徒をダブルタップ >リソース タブ
  • クラスで : 成績表ビューから をタップします 工具・スパナ > リソース
  • 掲示板で。 ここで詳しく説明します: 基本:掲示板
  • 特定の日付の日記/プランナーで。 ペーパークリップボタンをタップします
  • テキストメモで
  • iDoceo では、どのクラスにもリンクされていない汎用リソースとして。 から メインスクリーン > リソース オプション(フルサイズモードで利用可能)

追加できるファイルの種類は?

あらゆる種類のファイル。

この試験は iDoceo がギャラリーでプレビューできるファイルの種類は?

現時点でサポートされているファイルは次のとおりです。
PDF、XLS (Excel)、CSV、XLSX、Pages、Numbers、DOC (Word)、DOCX (Word)、PPT (Powerpoint)、PPTX、(Powerpoint) KEY、JPG、GIF、PNG、MP3、MP4、MOV、CAF


これらの形式は、各 iOS バージョンに大きく依存します。
iPadに独自の拡張機能を追加できます 設定 > iDoceo これらのサポートされている形式が将来の iOS アップデートで変更された場合。

他のファイルを保存する apps

iPad の任意のアプリから、「で開く' iDoceo に保存したいファイルの機能。
iDoceo は、その '「保存」ブラウザ'そのファイルを保存する場所を選択します。


Google Drive / Dropbox / One Drive / WebDAV からファイルを追加する

このオプションを使用すると、[開く] 機能を使用する代わりに、Google ドライブまたは Dropbox アカウントから追加するファイルを直接選択できます。
まず、これらのファイルをどこに保存するかを決めてから、オプション 'ファイルを追加します。'.

この短いビデオでは、最初に Dropbox のファイルをセルに保存し、次に Dropbox の別のファイルを同じ学生のリソースに保存します。



Dropbox、Google ドライブ、または OneDrive に初めてアクセスしようとすると、iDoceo をアカウントにリンクする許可を求められます。

メイン画面/設定/から、Dropbox、Google Drive、OneDrive、iDoceo間のリンクを無効にすることができます Googleドライブ or Dropbox の設定


方法: 実際のファイルの代わりにリンクをダウンロードする

Google ドライブまたは Dropbox アカウントを参照するときに、ファイルをダウンロードするか、ファイルへのリンクだけをダウンロードするかを選択できます。


関連ビデオ

編集可能な Pages および Numbers ファイルを iDoceo に追加する

関連記事

WiFi 経由で PC/Mac からファイルを転送する